社会福祉法人みどりの里は、「利用者も職員もみな家族」をモットーに特別養護老人ホームの運営やデイサービス・ショートステイなどの介護サービスを提供しています。

スタッフから

みどりの里施設で働くスタッフからの声を紹介します。みんなが楽しく働いている言葉をお送りします。

豊水園スタッフより

特養介護職員 Iより Staff Voice

Coming Soon

みなさん、こんにちは!

私は豊水園の介護職員として9年前に入職しました。初めは2人の子どもが幼稚園に通っていた事もあり非常勤勤務でした。

介護業界は今まで経験した事が無い上に家事・育児もあり仕事との両立が大変でした。勤務で困った事があっても職場の皆が「困った時はお互い様」と何度も助けてくれました。常勤・非常勤・独身者・子育て世代等の境界線を感じる事はなく、お互いの事を思って助け合える「温かい職場」だと感じています。

利用者様への対応に関しても、何でも意見出来る「風通しの良い職場」と常々感じています。他職種連携もしっかり出来ており、全ての意見を吸い上げ対応方法を決定してゆくので、責任も感じますが日々とても「やりがい」を感じて仕事が出来ています。

これからも常に向上心を持ち、利用者様が快適に生活出来るお手伝いをさせて頂こうと思います!!

Coming Soon

ところで・・・

豊水園には法人公認の「野球部」があります!

日頃の運動不足を解消するため・・・ヒマつぶしのため・・・道具もないけどバッティングはやってみたい!などなど

どんな理由でも興味があれば職員誰でも参加出来ます。
業務中とは違う一面?をお互いに発見出来る場でもあり、とても楽しく参加しています♡

特養施設ケアマネージャー Oより Staff Voice

Coming Soon

豊水園に就職したのは、施設が開所した2003年で、
開所から働き始め、はや11年が経過しました。

その間に環境は変化していきましたが、大きく変わったことはありません。
それは、悪い意味ではなく、
良い部分が変化せずにいると感じるといったところでしょうか。

 利用者の方にとって何が一番大切か、何が一番喜ばれるか、
                   何を行えば、その方のためになるかを考えて働いていますが、
                   やはり自分一人では叶えられることは少ないです。

 利用者の家族の方々、一緒に働く介護職員や看護職員、栄養士、相談員、事務職員、厨房職員…
様々な方と連携し、話をして、その方のより良い生活を実現するために動いています。

そして何より、利用者一人一人の方の笑顔や支えとなる言葉を頂き、
元気を出して頑張ることが出来ています。

時には、失敗したり落ち込んだり、
利用者の方の病状の悪化や骨折、死に直面して辛い思いをしたりすることもありますが、
これらに直面し、それを糧にして、
その都度、もう一度頑張ってみようと思える気持ちが後から芽生えてきます。
これは、「常に目の前にいる利用者の方に対して、そんな気持ちで接していては失礼だ。
そう思うなら、目の前の方々に対して、出来る事がいくらでも有るはずだ!!」といった気持ちからでしょうか。

そんな気持ちの積み重ねが、今の自分を生んでいるように感じます。

これからも、一番大切な気持ちを忘れずに一日一日を大切に頑張っていきたいです。

特養介護職員より Staff Voice

Coming Soon

みなさん、こんにちは♡
私は、3階で介護職員として働いています。
好きなことは「旅行」に行く事です。
30代になり歴史的建造物を見たり、自然に触れたりする事が好きになってきました。今では、少しの時間を見つけては友人達と出かけ人生を楽しんでおります。

豊水園で働き始めて5年が経ちます。
もう5年?まだ5年!?振り返ってみると、長かったような・・・あっという間だったような・・・でもそんな5年間、どちらかというと辛い事の方が多かったかもしれません。「辞めようか・・・」何度か考える事がありました。でもその度に、
励ましてくれる「上司」がいました。真剣に話を聞いてくれる「仲間」がいてくれました。
だから今でも、豊水園で頑張っていられるのだと思います。そして何より、笑いかけてくれる利用者様がいらっしゃいます。

「ありがとね!」「また、来いよ」そんな言葉に私の方がいつの間にか「元気」をもらっていました。
利用者様の声や笑顔は、私に大きな力を与えてくださいます!
改めて「やっぱり私は、この仕事が好きなんだな~」と感じます。
まだまだ未熟で、迷う事も多く迷惑をかける事も沢山ありますが、支えてくださる皆様に日々感謝感謝です!!

Coming Soon

介護を必要とする高齢者の方を対象とし、心ゆく介護のもと心身の健康維持と機能回復に努め安心して明るく楽しい日常生活が営めるように援助いたします。(従来型特別養護老人ホーム)

施設内外イベントを充実させてます♡

その都度HP更新いたしますのでご閲覧ください。

笑いの家スタッフより

K山 の一言 (ショート:介護職員) Staff Voice

Coming Soon

みなさん、こんにちは。
私は、長年の仕事から転職し、昨年の春笑いの家に入職しました。
4月でちょうど2年目になります。

まったく業種の異なる世界に飛び込んできて、上司、先輩方には大変助けて頂きました。一つ教えて頂くのに、身振り、手振り、時には介助の仕方を体験させて頂いたりと、とても親切・丁寧にご指導いただき、誠に有難うございました。

1年目は、分からない事が何か分からず、無我夢中な状況でしたが、
1年が過ぎ、やっと自分の分かる事・分からない事が分かってきました。

利用者様達も、とても親切で、私がまったくの素人だと分かると、利用者様自身が、「こうするといいよ。」、「こうやるとやりやすいよ」と、アドバイスをもらいました。利用者様にとても感謝の気持ちでいっぱいです。
それと共に、今までの職員の方々が、利用者様に親切で、丁寧に接してこられたからこそ、私にも親切にして下さるのだと思いました。

介護の仕事が未経験の方は、不安な事でいっぱいかと思いますが、そんな事は利用者様の笑顔を見て、お話をしていれば吹き飛んでしまいます。私はとてもいい環境の仕事に就けたなぁとしみじみ思います。

2年目を迎え、自分もまだまだ未熟ですが、今後少しずつでも分からない事を一つ一つ理解していこうと思います。

ひよ子♥ の一言 (ショート:介護職員) Staff Voice

スタッフ

 私は笑いの家に入社し、4年目になります。
介護の仕事は、全くの未経験での入社でしたが、
職員さんもパートさんも、介護技術やコミュニケーションの
取り方まで教えて下さいました。
未経験だった私も、時間と共に、介護の仕事にも慣れ、
今では、利用者様に顔を覚えてもらって、
名前を呼んで頂いたり、
何気ない会話で笑い合ったりと
毎日充実した日々を過ごしています。

 利用者様と言葉を交わす度に、新しい発見が生まれ、
会話もどんどん広がっていきます。

 『介護の仕事』は知れば知るほど楽しくなる仕事だと思います。

 利用者様に毎日、笑顔で過ごして頂けるよう、
笑いを提供出来るよう、
私も毎日ネタ作りに励んでいます!!

H.K の一言 (特養:介護職員) Staff Voice

スタッフ

 新年あけましておめでとうございます。
 昨年中は、入居者様・御家族様の暖かい御理解と御支援を賜りました
 ことを、心より御礼申し上げます。
 本年もどうぞよろしくお願い致します。
 

 私の出身地は、福島県。
 東京から西に旅行したのは、修学旅行で一度きり。
 東北でヌクヌクと育ちました。

 
 こちらに来た時は、「えらい(疲れた)」「鍵をかう(閉める)」等の言葉の
 使い方にびっくりしましたが、。
 愛知県に住み始めて8年目、すっかり慣れました。

 
 私が、介護の仕事を知ったのは、小学生の頃でした。
 中学生の頃には『介護士になりたい』と道を志し、
 高校、専門学校を経て、介護福祉士を取得しました。
 その後は、従来型の特別養護老人ホームに勤め、一度この仕事から離れましたが、
 やはり介護の仕事がしたいと思い、この 『笑いの家』 に採用していただき、今に至ります。
 
 ユニット型の施設は初めてでしたので、日々勉強、日々発見です。
 悩んだり、落ち込んだりすることも有りますが、

 
 やっぱり介護の仕事が好きです!
 この仕事に就いていられることを幸せに思います。

 介護というもの、支えるのは人の心。
 人の手であり、ぬくもりだと考えています。
 知識を身に付け、経験を積んでいくことも大切ですが、
 入居者様の気持ちや想いを感じ、自然と寄り添えるような介護士で在りたいと思っています。

 人生まだまだ未熟者ではありますが、2016年も昨年以上に入居者様の笑顔や笑い声が拝見出来るように、
 日々の生活、日々の小さな喜びから支えさせていただきたいと思っていますので、
 どうぞよろしくお願いします。

 まずは、毎年恒例の松平東照宮への初詣へ出かけましょう。
 さあ!みんなでおみくじだー!